ご希望のテーマパーク[観光・遊園地・科学館]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトテーマパーク[観光・遊園地・科学館]リサーチ

テーマパーク情報

テーマパークの建設を加速させた
総合保養地域整備法について



ここでは、テーマパークに関連する法律として、総合保養地域整備法(リゾート法)について紹介します。

テーマパークブームを加速させた総合保養地域整備法とは

テーマパークブームを加速させた総合保養地域整備法とは

1980年代後半に起こったテーマパークの建設ラッシュをさらに加速させたのが、1987年に制定された「総合保養地域整備法(通称:リゾート法)」(以下リゾート法)です。これは、1950年~70年代の高度経済成長による生活水準の向上を背景に、国民の多様な余暇活動へのニーズに対応するために制定されました。破綻したリゾート施設などに関するニュースの中で話題にされることも多いため、ほとんどの方が一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

リゾート法が適用される対象は「良好な自然条件かつ相当規模の地域」です。さらに、「地方自治体が第三セクター(主に官民合同出資企業のことを指す)を含む民間企業を活用しスポーツ、レクレーション施設などを建設し、地域の振興や国民の福祉の向上を目指すこと」が前提とされています。なお、この法律を適用しリゾート地域として整備を促進するには、都道府県知事が基本構想を主務大臣に提出して承認を得なければなりません。また、地方自知体のパートナーとなった民間企業に対しては、税制・資金面で国からさまざまな優遇措置がとられました。

広大な敷地の確保、地方自治体がパートナーとなる民間企業を見つけ出す必要があるなどいろいろと厳しい条件があったものの、当時、地域振興策に悩んでいた地方ではリゾート法への期待も大きく、多くの地域でリゾート計画を進める動きがあったとされています。

総合保養地域整備法とテーマパークの関係

総合保養地域整備法とテーマパークの関係

では、リゾート法はどのような地域に適用されたのでしょうか。リゾート法適用の第1弾は、1988年7月に承認された「宮崎・日南海岸リゾート構想」「三重サンベルトゾーン構想」「会津フレッシュリゾート構想」の3地域です。リゾート構想は上記の3地域の以降、全国的に広がりを見せ、1998年に承認された「北海道ニセコ・羊蹄・洞爺湖周辺リゾート地域整備構想」までの約10年間で、42地域にリゾート施設が誕生しました。海や山などの自然豊かな地域に作られ、ホテルのほか、ゴルフ場、スキー場などスポーツを楽しめる施設で構成されています。

さらにリゾート構想は余暇を楽しむことを目的にしていることもあり、三重サンベルトゾーン構想の「志摩スペイン村」、玄海レク・リゾート構想の「スペースワールド」、ナガサキ・エキゾティック・リゾート構想の「ハウステンボス」など、テーマパークが併設されているものも多いです。1980年代のテーマパークの建設ラッシュの背景には、このリゾート法の制定が大きく影響したと言われています。