施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のテーマパーク(観光・遊園地・博物館・科学館)情報を無料で検索できます。

ホームメイトテーマパーク(観光・遊園地・博物館・科学館)リサーチ

テーマパーク情報

遊園地などの衛生面を規定した
興業場法について



ここでは、テーマパークや遊園地にも関連する「興行場法」についてご紹介します。

衛生的な観点から規定された興行場法とは

衛生的な観点から規定された興行場法とは

一日で数万人が訪れるテーマパークや遊園地などには、利用者に不快感を与えないため、衛生的な観点から規則が定められています。それが、1948年に制定された「興行場法」です。法律内では、興行場のことを「映画、演劇、音楽、スポーツ、演芸又は観せ物を、公衆に見せ、又は聞かせる施設」と定めています。この法律には常設のほか、興行場以外の用途である既存建物を用いた臨時の興行場、プレハブ構造の建物で短期間に限り興行を行う仮設構造の興行場なども含まれます。

なお、各種展覧会、公営の動植物園、博物館などは含まれず、「業として映画等を上映しない場合は興行場法の適用はない」とされています。内容は営業許可に関すること、施設の環境衛生についてです。

興業場の許可申請に関して

興業場の許可申請に関して

興行場を経営する場合、都道府県知事(保健所設置市、特別区は、市長か区長)の許可を受けなければいけません。さらに、申請する施設の構造については都道府県の条例で定める構造設備基準に従い、同様に換気、照明、防湿、清潔などの衛生基準にも従う必要があります。このように、一定基準の規定をクリアした施設のみ、営業ができるようになります。しかし、臨時の興行場と、仮設構造の興行場は一部の基準を適用しない場合があります。一度基準をクリアしても衛生基準に反する場合は、都道府県知事より許可の取消または営業の停止が命じられることもあります。

「排水不良の場所、ごみその他これに類する物で埋め立てられた土地等入場者の衛生に支障を来す場所又土地に、設置してはならない」(例外あり)など、設置場所に関すること、面積に対するトイレの数や喫煙所、飲食物の販売施設についてもこの法律で定められています。

興行場法の歴史と今

興行場法の歴史と今

戦前、興行場への規制は公衆衛生のほか、保安、風紀も含めた警察命令により、各都道府県が行なっていました。戦後、新たな憲法の制定などもあり、興業場に関することは、法律で定めるべきだという意見が増え興業場法が作られました。そして、内容の多くは公衆衛生に関して定められることになったのです。

いま私たちが、安全かつ気持ちよくスポーツ観戦をしたり、遊園地やテーマパークで遊ぶことができるのは、この興行場法によって衛生面などが規定されているからです。今後も時代の流れ、利用者の変化、新施設の誕生などに対応しながら、利用者の安全と衛生を守ってくれることでしょう。