施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のテーマパーク(観光・遊園地・博物館・科学館)情報を無料で検索できます。

ホームメイトテーマパーク(観光・遊園地・博物館・科学館)リサーチ

テーマパーク情報

遊園地の種類



遊園地とひと言でいっても規模や種類もさまざま。「富士急ハイランド」のような多くのアトラクションを用意した一般的な遊園地はもちろん、デパートの屋上に小規模なメリーゴーラウンドや観覧車を設置した屋上型遊園地、アトラクションを各地に移動させ設置場所を変えていく移動式遊園地などがあります。ここでは、その遊園地についての種類を紹介します。

定番の「常設型遊園地」と1960年代の象徴「屋上型遊園地」

定番の「常設型遊園地」と1960年代の象徴「屋上型遊園地」

常設型遊園地の多くは広大な敷地の中に、ジェットコースター、観覧車などのアトラクションを設置しており、基本的に園内に入るために入園料金のほか、アトラクションを利用する際に別途料金を支払います。1920~30年代における遊園地の人気を受け、建設ラッシュを迎えた1950年代以降は、鉄道会社が自社の沿線に人口の増加などを目的に作るケースが多く見られました。代表的なところでは、西武鉄道の「西武ゆうえんち」や「としまえん」などが挙げられます。

1950~60年代の高度経済成長期にかけて多く見られたのが、デパートの屋上を利用した屋上型遊園地です。常設型に比べればスペースは狭いものの小型の観覧車やゴーカートなどを設置。入園料は必要なくアトラクションごとに料金を支払うシステムです。始まりは、1931年に松屋浅草店の屋上に誕生した「スポーツランド」とされており、当時は小動物園や自動木馬、そして8人乗りロープウェイが設置されていました。また、スポーツランドという施設名は、以後誕生するさまざまな「○○ランド」の走りになったとも言われています。

その後、日本各地のデパートの屋上に作られた屋上型遊園地ですが、人々の生活の変化に加え、常設遊園地のアトラクションの充実、テーマパークの台頭により多くは閉園していき、数が少なくなりました。

「移動式遊園地」の今

「移動式遊園地」の今

小型のアトラクションを、さまざまな場所に移動させる移動式遊園地。マイカーが普及する以前は、近くに遊園地が無い地方を回る営業がメインでしたが、現在では各地の道の駅にミニ遊園地を開設したり、野外フェスに出張するなどイベントと連動した設置が見られます。ちなみに、ドイツやイギリスなどヨーロッパ各国での移動式遊園地はごく一般的で、サーカス団とともに巡業することがよくあります。

日本では時代と共に移動式遊園地は少なくなりましたが、滋賀の「サン・クリエイティブ」や2010年に設立された沖縄の「キッズビレッジ」が移動式遊園地を運営しています。