ご希望のテーマパーク[観光・遊園地・科学館]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
テーマパーク[観光・遊園地・科学館]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

テーマパーク情報

キャラクターテーマパークの歴史と今



ここでは、キャラクターテーマパークについて紹介します。

キャラクターテーマパークとは

キャラクターテーマパークとは

テーマパークのなかで、最もわかりやすいのは"キャラクターテーマパーク"ではないでしょうか。これは、映画やアニメなどのキャラクターをメインにしたテーマパークのことを指します。あたかもそのキャラクターが存在する世界に入ったかのような雰囲気が感じられるだけに、大人でも思わず童心に返って楽しめるのが魅力です。

そんな"キャラクターテーマパーク"が増えるきっかけになったのは、1983年に誕生した東京ディズニーランドです。1990年には、屋内型施設のサンリオピューロランドが開業。そして、2000年代に入るとユニバーサル・スタジオ・ジャパンや、三鷹の森ジブリ美術館といった、いまでも人気を集めるキャラクターテーマパークが続々とオープンしました。

街おこしにも一役買っている

街おこしにも一役買っている

キャラクターテーマパークは、東京ディズニーランドやサンリオピューロランドなどのアトラクション型と、三鷹の森ジブリ美術館や藤子・F・不二雄ミュージアムなどのミュージアム型に、大きく分類できます。共に、作品やキャラクターの世界観が楽しめることには変わりありませんが、アトラクション型は、乗り物などに実際に乗ることにより、作品の雰囲気が体感できることを重視しているのに対し、ミュージアム型は、展示物などを通じてより深く作品の世界を理解できるところにあります。また、作家の出身地や、長く住んだ場所などゆかりのある土地に建てられることが多く、地方の街おこしに一役買っていることも少なくありません。

進化をとげるキャラクターテーマパーク

進化をとげるキャラクターテーマパーク

最近のキャラクターテーマパークでキーワードになっているのが"体験型"。これまでは、乗り物に乗ることなどで雰囲気を楽しむという受動的なものから、自らがそのキャラクターになりきってアトラクションを楽しむというものが増えてきています。それは、3D技術などの進歩により、リアルに作品世界を再現できるようになったことが大きく、これまで以上に、作品の世界を堪能することができます。

また、これまではアトラクション重視の施設が多かったのですが、"食"の部分にも力を入れるところが増えています。アニメなどで実際に登場した料理を再現したり、料理でキャラクターを表現したりと、食事の時間までもその世界観に浸れるようになってきており、グルメ目当てで訪れる人もいるほどです。このように、さまざまな部分で進化を続けるキャラクターテーマパークの今後に期待です。