施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のテーマパーク(観光・遊園地・博物館・科学館)情報を無料で検索できます。

ホームメイトテーマパーク(観光・遊園地・博物館・科学館)リサーチ

テーマパーク情報

テーマパークで働くには?



人気キャラクターと一緒に働けたり、多くのお客さんとの交流、アトラクションやイベントの企画など、充実した仕事内容が魅力のテーマパークスタッフ。ここでは、テーマパークスタッフになるための方法、また必要なスキルの身に付け方などを紹介します。

テーマパークで働くために知るべきこと

テーマパークで働くために知るべきこと

テーマパークで働きたいと思った場合、その施設の運営会社へ就職するという道が一番シンプルです。たとえばユニバーサル・スタジオ・ジャパンで働きたいと思ったらユー・エス・ジェイに、サンリオピューロランドで働きたいと思ったらサンリオエンターテイメントになります。しかし、東京ディズニーランドで働きたいと思ったら、就職する先はディズニー・エンタプライゼズ・インクではなく、東京ディズニーランドを管理・運営しているオリエンタルランドになります。テーマパークの場合、テーマとされるキャラクターやブランドの権利を持つ会社と、テーマパークの運営会社が異なる場合があるので、確認が必要です。

また、パフォーマンスを行うスタッフなのか、イベントやアトラクションなどを企画するスタッフなのか、自分がテーマパークのどのような職種で働きたいかも重要になります。募集職種によっては、経験やスキルを問われる場合があります。

テーマパークスタッフを目指すための学校

テーマパークスタッフを目指すための学校

多くのアトラクションに囲まれている楽しげな環境ということもあり"テーマパークスタッフ"は、人気の職業として知られています。楽しそうなイメージの強いテーマパークですが、現場ではお客さんを不快にさせない接客対応、ケガやトラブルへの素早い対応など、専門的な知識や技術が必要になるのは言うまでもありません。そんなこともあり、日本国内にはテーマパークスタッフを目指す人のための専門学校、大学も多く存在しています。

例えば大阪にある「ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪」には、テーマパーク科が設置されています。現役のテーマパークダンサーなどが講師となり、ゲストを楽しませるためのイベント企画力や表現力を学べる授業を展開しています。さらに実習では、大型のテーマパークへ行き、働いているスタッフが行なう接客などを実際に見ることもできます。また、テーマパーク科とまではいきませんが、大学や短大の商業科、ビジネス科などでも観光に関する内容がカリキュラムに含まれている場合が多く、イベント企画や接客スキルを学ぶことができます。

自分がどのようにテーマパークで働きたいのかを考え、必要なスキルや技術を身につければ、テーマパークスタッフへの道が近くなることは間違いないでしょう。