施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のテーマパーク(観光・遊園地・博物館・科学館)情報を無料で検索できます。

ホームメイトテーマパーク(観光・遊園地・博物館・科学館)リサーチ

テーマパーク情報

ジェットコースターが
好きな人と苦手な人



テーマパークの人気アトラクションといえば、ジェットコースター。全制覇すると意気込んでいる熱狂的な人もいれば、人が乗っているのも見たくないという苦手な人もいるように、極端に好き嫌いがわかれる乗り物かもしれません。今回はその原因と克服法を紹介します。

好き・苦手が分かれる、あの「ふわっと感」の正体とは?

好き・苦手が分かれる、あの「ふわっと感」の正体とは?

ジェットコースターの醍醐味といえば、あの急降下するときの「ふわっと感」。きっとこの感覚が嫌いで絶叫系が苦手という人も多いのではないでしょうか。あの独特な感覚は、無重力あるいはマイナスG(重力)といって、体が軽くなってふわりと浮く感覚です。マイナスGが強いと、体が動かなくとも内臓が浮こうとするので「ふわっと感」が生まれます。ちなみに船酔いしやすい人はこの感覚が弱いと言われています。

やみつきになるのは「ドーパミン」のせい?

やみつきになるのは「ドーパミン」のせい?

一方でジェットコースターが好きという人は、スピード感やスリル、爽快感に魅了されています。これらの体験は、非日常的な感覚です。普段私たちが生活しているときには1Gという、基準的なG感覚を感じていますが、例えば富士急ハイランドのドドンパだと約4Gという未体験なGを体感できるのです。4GとはF1レーサーが感じているのとほぼ同等で、この無重力体験によって脳が興奮状態となり、脳では快感物質のドーパミンが分泌されます。このドーパミンの分泌により、快感や興奮を覚えるので、次も乗りたくなってしまうのです。また女性は、ジェットコースターに乗ると、恋をしているかのようなドキドキ感だと錯覚し、女性ホルモンの分泌が増えるとされています。

苦手な人へオススメ克服法

苦手な人へオススメ克服法

苦手だからジェットコースターに乗りたくないといっても、友達に乗ろうよと誘われたときや、乗らずに待っている間、せっかく遊園地に来たのにもったいない気がする・・・と思う方もいるでしょう。そんな人のために、いくつか怖さを軽減する克服法を紹介します。

まず苦手な人がよくやりがちな「目をつぶる」行動。これは逆効果です。目をつぶってしまうと、行き先が見えない恐怖感はおろか、乗り物酔いまで引き起こしてしまう可能性があるのです。また「ジェットコースターの一番後ろには座らない」ことも重要です。一番後ろに座ってしまうと急降下するときに最速のスピードになってしまい、前の席に比べてマイナスGの負荷を受けることになります。座るときにはなるべく前に座りましょう。また「ふわっと感」を軽減させる方法として有効的なのが、「鼻から息を吐く」ことです。ここで大事なのは腹筋に力を入れることで、口より鼻から息を吐く方がよりお腹に力が入ります。急降下の前の登っているところで腹式呼吸のように口で大きく呼吸し、下りになったら鼻から少しずつ出すように腹に力を入れるとマイナスGを軽減させることができます。ジェットコースターに乗り、酔ってしまったときに備えて、酔い止め薬なども用意しておくといいでしょう。