施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のテーマパーク(観光・遊園地・博物館・科学館)情報を無料で検索できます。

ホームメイトテーマパーク(観光・遊園地・博物館・科学館)リサーチ

テーマパーク情報

記録で見るジェットコースター



ジェットコースターでよく話題に挙がるのは、速さ、高さ、落下角度、コースの長さなど、いろいろな日本記録や世界記録です。ここでは、さまざまな記録を紹介していきます。

スリル満点! 速度、落下角度で日本一

スリル満点! 速度、落下角度で日本一

絶叫マシーンと言われるジェットコースターの要素のなかでも、速度はスリルに直結する大切な要素です。そんな速さ日本一の栄冠に輝いたのは、富士急ハイランドの「ドドンパ」です。発進から1.8秒で最高時速の「172km」に到達するという驚愕の速さは、まさにスリル満点です。また、落下角度も90度と日本で2位に入っています。その角度で1位を誇るのが、同じく富士急ハイランドの「高飛車」です。そのえぐるような落下角度は最大121度。リニアランチ方式(磁石の反発を使用する方式)による垂直巻き上げで上昇し、落下体制で一時停止、そこから一気に落ちていくという、ほかでは味わえない絶叫体験が味わえるでしょう。富士急ハイランドには、かつてギネス記録を誇った「FUJIYAMA」や、総回転数ギネス記録を持つ「ええじゃないか」など、多数の絶叫系コースターがあります。

日本一高い!そして、長い!そして、さらに!!

日本一高い!そして、長い!そして、さらに!!

日本一の高さ、日本一の長さを持つのが、ナガシマスパーランドの「スチールドラゴン2000」です。高さはなんと97m。地上24階相当の高さから、さらに日本一の落差である93.5m落下し、さらに77mまで上昇してもう一度落下します。そこからカーブやアップダウンをくり返します。その気になるコースの全長は2479m。これは世界一でもあります。営業開始当時は、高さ、長さ、落差だけでなく、速さも世界一で、なんと世界記録4冠を保持していました。

さまざまな日本一、個性豊かなコースター!

さまざまな日本一、個性豊かなコースター!

こうして見ていくと、やはり富士急ハイランドやナガシマスパーランドの記録が目立ちますが、記録はそれだけではありません。所要時間が日本で一番長いのが、熊本グリーンランドの「恐竜コースターGAO」です。なんと乗車時間は3分56秒。逆に最も時間が短いのが、乗車時間30秒のナガシマスパーランドの「シャトルループ」。さらに最も遅いスピードで走るのがあらかわ遊園の「ファミリーコースター」で、時速約33キロで走行。小さな子供でも安心して乗れるジェットコースターとして人気です。以上のように記録に注目してジェットコースターを選ぶのも楽しいものです。これからも個性豊かなコースターがさまざまな記録を作り、塗り替えていくことを思うと期待に胸が膨らみます。