ご希望のテーマパーク[観光・遊園地・科学館]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトテーマパーク[観光・遊園地・科学館]リサーチ

テーマパーク情報

観覧車を作る技術



大きさが100mを超えるものも少なくない観覧車。それらはどのようにして作られているのでしょうか。ここでは、そんな観覧車の建設方法をいくつか紹介します。

観覧車の作りの基本

観覧車の作りの基本

まずは、オーソドックスな建設方法をご紹介します。

まず観覧車の中心となる支柱を建設して、中央の軸となる部分を取り付けます。この部分は、観覧車の中では最も重要な場所となるため、寸分の狂いも許されないほどの精度が必要となります。支柱が完成したら、その中央部分から下半分の骨組みを作り、その後上半分を作って円形を完成させていきます。そして、最後にゴンドラを取り付けて完成となり、その後、試運転を経て開業することになります。

ロンドン・アイはテムズ川の上で作られた

ロンドン・アイはテムズ川の上で作られた

イギリスにあるロンドン・アイは、ちょっと変わった方法で建設されています。

まずは素材の違い。通常、観覧車の中心と外周をつないでいるのは鉄骨ですが、この観覧車ではケーブルでつないでおり、ちょうど自転車のスポークのような形をしています。

また、建設方法も独特。なんと、テムズ川の上で建設したのです。ホイールを90度倒して水平にし、すべてが建設し終わってからクレーンで起こして設置しました。テムズ川という広大な川があるからこそできた、珍しい建設法です。

職人たちの技術が集結した世界最大の観覧車

職人たちの技術が集結した世界最大の観覧車

続いては、シンガポールにある世界最大の観覧車、シンガポール・フライヤーの建設方法を紹介します。

ロンドン・アイは横倒しで建設をしましたが、こちらは観覧車の建設と同じタイミングでほかの施設も建設していたため、横倒しで建設してからたち上げる方法をとることができませんでした。そこで、観覧車の建設としては世界初の方法がとられることになりました。支柱を建設したあと外周との間に仮設のツッパリ棒を取り付けてから、いくつかに分割した円の外周を取り付けていきます。そして、外周が完成したタイミングで仮設のツッパリ棒を外し、ゴンドラを取り付けて完成です。

外周とワイヤーが張られている中で、それらを傷つけずにツッパリ棒を解体するという難作業を含め、作業のほとんどが地上90mの空中で行なわれています。精密さが求められる観覧車だけに、シンガポール・フライヤーの建設には、携わった職人たちの技術が結集されています。

そして、このシンガポール・フライヤーの建設においてもっとも重要なことは、多くの日本人が携わっていることです。まずデザインを担ったのは、日本を代表する建築家、黒川紀章。そして、実際の建設を行なったのも日本の企業です。建設期間は2006年5月~翌年12月までの約20ヵ月、作業に携わった作業員は約27,800人に及ぶということです。

国のランドマークとなり、地元の方や多くの観光客に愛されるシンガポール・フライヤー。その成功の裏で存分に発揮された技術力は、まさに日本が世界に誇る宝ではないでしょうか。