ご希望のテーマパーク[観光・遊園地・科学館]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
テーマパーク[観光・遊園地・科学館]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

テーマパーク情報

お化け屋敷プロデュースとメディア戦略



最近では、映画やドラマ、ゲームなどとコラボレーションしたしたお化け屋敷が増えています。このような背景には、メディアを使ったお化け屋敷のプロデュース戦略があるのです。

メディアとの親和性が高いお化け屋敷

メディアとの親和性が高いお化け屋敷

映画やゲームなどさまざまなメディアとの親和性の高いお化け屋敷。これまでにも、2007年に、富士急ハイランドの戦慄迷宮が、人気サバイバルホラーゲームの「バイオハザード」とコラボし、ゲームと同様に襲ってくるゾンビを倒すというシューティング要素を加えたイベントを期間限定で行ないました。また、2011年には、映画「パラノーマル・アクティビティ2」の公開にあわせ、東京ドームシティアトラクションズに期間限定のお化け屋敷が登場しました。こちらは、セキュリティカメラで監視された部屋を進んでいくもので、その先々ではさまざまな超常現象に出会うという、映画の世界と同じような体験ができるものになっていました。

このように、ホラーというジャンルにくくられる映画やゲームなどとのコラボレーションがみられます。これは、企画が重要になっている最近のお化け屋敷の傾向から見ても、非常に有効な手段といえます。お化け屋敷側にとっては、明確なコンセプトを打ち出してお化け屋敷をプロデュースすることができるため、お化け屋敷を楽しむ側にとってもわかりやすいといえます。一方で、映画やゲーム側にとっては、その世界観をお化け屋敷に来た人たちに体感してもらうことができ、作品を直接、間接的にPRすることができます。それにより、お化け屋敷と、映画やゲームなどのシナジーが生み出される点がコラボレーションの魅力といえます。

お化け屋敷プロデューサーなる職業も

お化け屋敷プロデューサーなる職業も

さまざまなコラボレーションによるお化け屋敷のプロデュースがある一方で、お化け屋敷プロデューサーと呼ばれ、さまざまなお化け屋敷を手がける職業もあり、特に有名なのは、五味弘文さんです。五味さんは、東京ドームシティアトラクションズの足刈りの家など、さまざまなお化け屋敷のプロデュースを手がけています。さらに、五味さんは、2013年7月から放送される「悪霊病棟」というホラードラマにも携わり、ドラマと東京、大阪、名古屋で行なわれるお化け屋敷イベントとのメディアミックスを行なっています。

いまでは、映画やゲームなどがあってのお化け屋敷とのコラボレーションが多いですが、テレビドラマとのメディアミックスといった動きや、過去に富士急ハイランドの戦慄迷宮をテーマにした映画が製作されたことを考えると、今後は、お化け屋敷自体に人気が出たことによって、そこからの映画やゲーム化といった、これまでと逆の流れも期待できるかもしれません。それだけに、今後のお化け屋敷のプロデュース戦略には注目です。