施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のテーマパーク(観光・遊園地・博物館・科学館)情報を無料で検索できます。

ホームメイトテーマパーク(観光・遊園地・博物館・科学館)リサーチ

テーマパーク情報

遊園地にある
スイング&回転系アトラクションの歴史



テーマパークに設置されるアトラクションは「スピード感」を楽しむものばかりではありません。スイング系、回転系などのアトラクションは、レールの上を走るコースター系とはまた違って、想像もつかない動きや緩急で人気を誇っています。今ではもう馴染み深いスイング系、回転系アトラクションの歴史に迫ります。

スイング系の歴史

スイング系の歴史

スイング系を代表するアトラクションとして知られているのが、船の形をした乗り物が左右に大きく揺れる「バイキング」。このバイキングの大型タイプが、日本で初めて誕生したのがとしまえんであると言われております。そのアトラクション名は「フライングパイレーツ」。1984年4月に誕生したこのアトラクションは、120人乗りの船が2隻同時に稼動し、一度に240人を動員することができます。当初、混雑時など2隻同時運行も行なっていましたが、現在はどちらかの船1艘のみの運行となっています。

1985年には、ナガシマスパーランドに、320人動員できる世界最大級のバイキング「ジャンボバイキング」が登場。その後、1993年横浜・八景島シーパラダイスに50人乗りで最高到達地点約13メートル、傾斜角度は65度のバンキングが完成し、2012年3月東京ドームシティには80人乗りで最高到達点約15メートル、傾斜角度が48.5度の「スーパーバイキング・ソラブネ」が登場しました。アトラクションが新しくなるにつれ、到達点が高くなったり、傾斜角度が上がったりとさまざまな形で進化をとげています。

また、バイキングの名前は8世紀に、主に活動したスカンジナビア人の武装船団"バイキング"の船に由来すると言われています。アトラクションを見てみても、バイキングの船の特徴である浅底で、細長いという形容が顕著に現れています。

回転系アトラクションの歴史

回転系アトラクションの歴史

回転系アトラクションの始まりと考えられているのが、メリーゴーランドではないでしょうか。フランスで馬術の練習のために作られ、1860年ごろに遊具用として誕生したと言われています。

また、回転系のアトラクションと言えば、コーヒーカップを想像する人が多いのではないでしょうか。その原型は、現在のようにカップが回転するのではなく、なんと対面に設置された2つの背もたれ付きのイスが回転するだけでした。現在のような形になったのは、1955年にディズニーランドにできた「マッド・ティーパーティー」が始まりだと言われています。これはウォルト・ディズニーが娘を遊園地に連れて行った時に、当時のコーヒーカップの原型を見て味気ないと思い不思議の国のアリスの「マッド・ティーパーティー」からヒントを得て考えたそうです。