施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のテーマパーク(観光・遊園地・博物館・科学館)情報を無料で検索できます。

ホームメイトテーマパーク(観光・遊園地・博物館・科学館)リサーチ

テーマパーク情報

遊園地で子供の体調が
悪くなった時の対処法



どんなに準備を万全にしても、出先での急なトラブルは避けられないものです。特に、子供たちの体調不良は予期せず起こります。小さな子供は自分の体調をうまくコントロールできないのはもちろん、悪化する前に自らの言葉で体の具合をうまく説明できません。ここでは熱中症、乗り物酔いにトラブルをしぼって対処法をご紹介します。

熱射病、日射病、熱中症の対処法

そもそも、熱射病、日射病、熱中症の違いは?

夏になるとよく耳にしますが、いまいち違いがよく分からない人が大多数のはずです。熱射病とは、体内の熱をうまく発散できずに体温が上昇し、その結果、中枢機能がおかしくなり、めまいや意識障害を起こすことを言います。その中でも、特に長時間直射日光に当たったために、この症状が起こることを日射病と呼びます。熱射病という大きなくくりの中に、日射病が細分化されているということです。そして、それらの症状を総称したものを熱中症と呼びます。熱中症>熱射病>日射病とすればわかりやすいでしょうか。総称→細分化というように覚えておけば簡単です。

熱中症にならないためには?

熱中症対策で最も大切なことは、こまめに水分を補給することです。帽子や日傘などを利用し、直射日光を妨げることも必要です。子供がいる場合は特に、昼間の日差しが強い時は長時間の外出をしないことも大事です。子供は自分の体調が悪いと言えない場合がほとんどなので、遊園地やテーマパークでの日差しが強い時間などは注意しましょう。

もし熱中症になってしまったら?

意識がなくなった場合は、迷わず救急車を呼んでください。命の危険に関わることもあるからです。救急車が来るまでの間、日陰に移動させ、水または水分を素早く吸収できるスポーツドリンク、塩分が入ったものなどで水分補給をさせましょう。そして衣類のボタンをはずすなどして体内の熱を逃がします。軽症と思われる場合も勝手な判断はせずに、念のため医療機関で相談をするのが無難です。

乗り物酔い

乗り物酔いの原因は?

長時間の乗り物の揺れにより、耳の器官である三半規管がバランスを崩し、自律神経が乱れることが原因です。それにより顔面蒼白やめまい、吐き気、頭痛などを引き起こします。

乗り物酔いにならないためには?

簡単に実行できるいくつかのポイントがあるので、箇条書きで説明していきます。

・睡眠不足での乗車は避ける

・乗車直前の食事は控える

・読書や携帯を操作するなど、下を向かずに遠くを眺める

・タイヤの真上は揺れが大きいので避ける

・また酔うのではないか?と不安がらずに、絶対酔わないという強い意思を持つ

・酔ってしまう不安がある人は酔い止めの薬を飲む

乗り物酔いが起こってしまうと、せっかくの楽しい思い出も辛い思い出となってしまいます。これらのポイントを頭に入れて、素敵な休日を過ごしましょう。