ご希望のテーマパーク[観光・遊園地・科学館]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
テーマパーク[観光・遊園地・科学館]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

テーマパーク情報

注目したい日本の博物館



日本に数多く存在している博物館。ここでは長い歴史を持つ博物館、歴史や恐竜など、なかなか他では見られないユニークなテーマを設定している博物館など、注目したい博物館を紹介していきます。

東京国立博物館

東京国立博物館

東京国立博物館は1872年に開館した歴史ある博物館です。日本を中心に東洋アジア諸国の美術品、歴史資料、考古遺物など、国宝や重要文化財を含む約11万件以上が所蔵されています。広大な敷地を持つのも有名で、本館、東洋館、法隆寺宝物館、平成館、表慶館、黒田記念館など、展示施設が複数あります。(2013年7月現在、表慶館、黒田記念館は休止中)

国立科学博物館

国立科学博物館

国立科学博物館は1877年に開館した博物館で、国立で唯一の総合科学博物館となります。生命の誕生、人類や動物の進化の道のり、自然環境の変化、科学技術の歴史などのコレクションが400万点以上保管されています。施設は地球館、日本館に分かれています。

人気の展示は、2005年に開催された愛・地球博で展示された「地球の部屋」を移設した「THEATER36○(シアター・サン・ロク・マル)」です。地球の100万分の1の大きさ(直径12.8m)のドームの内側すべてがスクリーンとなっており、360度に映像が写し出されるので、独特の浮遊感を味わうこともできます。

福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館

福井県立恐竜博物館は、福井県勝山市で恐竜の全身骨格の化石が発掘されたのをきっかけとし、2000年に開館した国内最大級の恐竜博物館です。ドーム内は、4,500㎡もある広い常設展示室となり、恐竜の世界、地球の科学、生命の歴史の3つのゾーンに分かれています。この常設展示室には40体を超える恐竜骨格、ジオラマなどが展示されています。世界でも数の少ない恐竜博物館として、カナダの「ロイヤルティレル古生物学博物館」、中国の「自貢恐竜博物館」と共に「世界三大恐竜博物館」とも呼ばれています。

江戸東京博物館

江戸東京博物館

江戸東京博物館は、江戸・東京の暮らしを忠実に再現した縮尺模型のほか、実際に使用されていた実物資料を豊富に展示している国内最大級の歴史博物館です。江戸ゾーンと東京ゾーンに分かれる館内は、江戸から昭和の順に展示コースがあり、江戸ゾーンでは城下町としての江戸の日常、庶民の暮らし、日本橋や芝居小屋、中村座などが展示されています。また東京ゾーンでは、文明開化、関東大震災、モダンな東京、東京大空襲などを展示。施設の高さが約62mで、江戸城の天守閣と同じ高さであるのも有名です。