施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のテーマパーク(観光・遊園地・博物館・科学館)情報を無料で検索できます。

ホームメイトテーマパーク(観光・遊園地・博物館・科学館)リサーチ

テーマパーク情報

博物館・美術館の光と照明技術



貴重な文化財や美術作品が展示される博物館・美術館。作品を優れた環境で展示するだけでなく、光や照明が展示物に対して有害とならないように配慮しなければなりません。

照明器具は作品に対して有害でないことが重要

博物館・美術館の照明は、作品を心地よく見せることはもちろん、本来の姿を正しく伝えることが重要です。加えて、作品の保護・保存という点で有害でないことが求められ、劣化や損傷保護にも配慮が必要となります。照明で作品が損傷するケースがあるのも事実で、例えば、退色は紫外線、ひび割れは赤外線が影響しています。この場合、照明は可能な限り低い照度に抑えながら、見えやすいよう質の高い照明視環境が求められます。また、かつては対応策の1つとして自然光や天空光の光量を調節していましたが、技術の進歩により自然光に近い演色性を持ちながら、有害な紫外線をカットした照明器具も登場しました。そのことで、人工光のみの展示が一般化しましたが、近年では天候や時間帯によって色温度や光量が変化する自然光も再評価され、省エネルギーの観点からも自然光と人工光の併用が見直されています。ただし、自然光を取り入れるためには、作品が受ける光の総量や成分を考慮したうえで設計することが条件となります。

作品を見やすくするためのポイントとは?

展示照明の設計において、いくつか欠かすことのできないポイントがあります。まず、作品を見やすくするため、展示物はできるだけ明るく、そして均一にすることです。さらに、展示物は背景となる壁面の1~3倍程度の明るさに設定することで、より見やすさがアップします。ただし、照明は展示物を損傷させる恐れがあるため、鑑賞に差し支えのない明るさでなければなりません。各国で推奨照度基準が設定されており、例えば織物や水彩画などは光放射に非常に敏感なものと分類さてれています。展示照明の手法は、天井から展示物を照明するのが一般的で、代表的なのが「FLウォールウォッシャー」と「スポットライト」の2つです。天井が低い場合に有効な「FLウォールウォッシャー」は、均一の照明できる半面、展示物がやや平面的な印象となる傾向があります。天井が高い場合に有効な「スポットライト」は、展示物を目立たせることができますが、やや明暗が生じるのが弱点です。

そして、光源をガラスや展示物に写り込ませない工夫も必要となります。特に、油絵などの光沢のある作品は、照明器具をどこに設置するかも重要なポイントです。

作品への悪影響を軽減する展示照明の手法

照明器具から発せられる光によって、作品の劣化など悪影響を与えているのも事実です。この問題を軽減するため、さまざまな展示照明の手法が取り入れられています。例えば光ファイバーを採用した「ポーラ美術館」。光源を展示空間から離れた場所から送り込むことで熱による絵画への影響を最小限に抑え、光の質のコントロールや照明器具のメンテナンスを簡易に行なうことができます。また、照明器具が展示スペースにないので、鑑賞の妨げにならず集中して楽しめるのも大きなメリットです。

そして近年、全国の博物館や美術館で導入が相次いでいるのがLED照明。赤外線や紫外線をほとんど出さず、作品を傷めないことに加え、光の調整によって多彩な演出ができるのが利点です。造幣博物館では2009年に導入し、蛍光灯では入らない狭い隙間を使って光を照らすことで、小判などを立体的に演出しています。ホキ美術館は、全館LED照明で設計されています。天井には、まるで天の川のようにLED照明が散りばめられており、1枚の絵画に対して20~30灯の照明器具を使用しています。さらに、色温度の違う2種のLED器具によってそれらを調光し、絵画の雰囲気に合った色温度に設定されています。