ご希望のテーマパーク[観光・遊園地・科学館]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
テーマパーク[観光・遊園地・科学館]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

テーマパーク情報

世界の博物館



世界を旅したらおいしいグルメを食べたり、テーマパークで遊ぶのに加えて、博物館を訪れてみてはいかがでしょうか。ここでは世界的にも有名な2つの博物館と、ユニークな博物館を1つご紹介します。

イギリスが誇る大英博物館

大英博物館は1753年に設立されたイギリス・ロンドンにある世界最大級の博物館です。収蔵品はなんと約800万点。常時展示されているのでも約15万点とされています。年間来館者数は約500万人、展示面積は56,600㎡で、東京ドームの46,755㎡を上回る大きさです。どの数字を見ても"世界最大"なのがうなずけます。

展示品は古代から現在まで、イギリスのほか世界各国から集められた、古代エジプトのミイラや美術品、書籍、硬貨などジャンルは多岐に渡ります。館内は主に、国や地域別に分類されているのですが、最も人気なのがエジプトのエリアです。ロゼッタストーンと呼ばれる碑文と、猫や人のミイラが飾られていています。

中国美術品が豊富な故宮博物院

台湾・台北にある博物院で、別名「紫禁城」とも呼ばれています。もとは中国明清時代の宮殿であり、その建物と収蔵品を基盤としています。中国美術の工芸コレクションにいたっては他の博物館を寄せ付けません。約8000年前の玉器や約5500年前の翡翠、翠玉を白菜のような形に仕立てた翠玉白菜など、貴重な作品が多数展示されています。収蔵品は絵画や銅器、文献など約60万点。3ヵ月に1度のペースで一部を除き入れ替えを行なっているので、時期によって見られる内容が異なるのが魅力です。展示面積は約72,000㎡。年間来館者数は約390万人と、貴重な展示物を見るために、世界各国の人々が訪れていることがわかります。また、博物院を囲むように天安門や皇室庭園があり、大きなスケールで楽しむことができます。

インドにあるインターナショナルトイレ博物館

最後にユニークなものを1つご紹介します。インド・ニューデリーにあるトイレの便器ばかりを集めた博物館です。インドというとあまりトイレの施設が発達していないように思いますが、実は水洗トイレが初めて発明されたのはインドなのです。ここには紀元前2500年前のものや、世界各国から集めたもの、最新モデルのほかにも、まるで芸術品のような花の絵などを施されたトイレや一見机のように見えるけれど蓋を開けると出現するトイレなど、ユニークなものが集っています。ここにくれば普段何気なく使っているトイレのありがたみを感じられるかもしれません。