ご希望のテーマパーク[観光・遊園地・科学館]情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

旅探
テーマパーク[観光・遊園地・科学館]
トップページへ戻る
トップページへ戻る

テーマパーク情報

世界の美術館



海を渡った遠くの世界にはどんな美術館があるのでしょうか。ここでは収蔵品数や展示物などの観点から世界でも代表的な美術館をご紹介します。

ニューヨークにあるメトロポリタン美術館

アメリカ・ニューヨークにある「メトロポリタン美術館」は世界最大級の美術館のひとつで、"メット"の愛称で親しまれています。収蔵品は約300万点、年間来館者数は約550万人で、展示面積は52,600㎡とニューヨークの4区画をまたがるほど大きく、1日ではとても回りきれません。展示品は絵画や楽器、日本美術、中国美術、エジプトなどで、幅広いコレクションが特徴です。

見どころは初代ローマ皇帝の時代にエジプトから寄贈された、レンガ造りの「デンドゥール神殿」です。館内にそのまま展示されていて、神殿に立ち入ることも可能です。そのほか、ジュエリーで有名なティファニーの創業者の息子が制作したステンドグラス、クロード・モネの「睡蓮」やゴッホの自画像など、19世紀ヨーロッパの印象派の絵画も必見です。多数あるので、挙げたらきりがありませんが、これらは一見の価値があります。また、展示物に関連するグッズのショップが点在しているので、これから来館しようと思っている人は、時間に余裕を持って行くのが特策です。

パリにあるルーヴル美術館

「ルーヴル美術館」はフランス・パリにある美術館で、こちらも世界最大級の美術館のひとつです。もともとはフランスの旧国王の宮殿でしたが、フランス革命後に美術館へと生まれ変わりました。収蔵品は約3万5千点、年間来館者は888万人以上、展示面積は60,600㎡で、世界遺産でもあるセーヌ河と包括で登録されています。エントランスはガラスのピラミッドが建っており"ナポレオンホール"と呼ばれています。ここでチケットを買い入場すると、展示物は古代エジプト、絵画、彫刻など、8つの部門にわかれていて順に見ていくことになります。世界的にも有名なミロのヴィーナスの彫刻やモナリザの肖像、いかさま師の絵画なども展示されています。何から見ていいのか分からないという人は、これらの作品を探してみてはいかがでしょうか。

19世紀を専門にしたオルセー美術館

こちらもフランス・パリにある19世紀専門の美術館です。もとは1900年に開催されたパリ万国博覧会に合わせて作られた駅舎でした。ゴッホやモネ、ルノワールなど、印象派の画家の作品が多くあることで知られていますが、ほかにも写真や彫刻など全部で約7万点もの作品が収蔵されています。見どころはフランソワ・ミレーの「落穂拾い」やゴッホの自画像など、やはり印象派の作品です。こちらの美術館の年間来館者数は約300万人。2階にあるレストラン、4階にあるカフェがおいしいと評判で、こちらで食事を楽しむ来場者も多いため、お昼時は混みあうので時間をずらして行くのがいいかもしれません。