ご希望の観光施設/レジャー施設情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

トップページへ戻る

旅探

感動と興奮のショー&パレード No1 東京ディズニーランド

文字サイズ

東京ディズニーランド

千葉県浦安市に1983年(昭和58年)4月、グランドオープンした「東京ディズーランド」。隣接する「東京ディズニーシー」と合わせた「東京ディズニーリゾート」全体での来場者数は、2014年(平成26年)度で年間3,137万人と国内のテーマパークで最高。観光地としても大人気のスポットです。

遊園地

人気の理由のひとつに挙げられるのは、独自のショー&パレードの存在。ここでは、東京ディズニーランドのショー&パレードの目玉とも言える夜開催の「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」についてご紹介します。

キャラクターが次々と現れる
通過型パレード

キャラクターが次々と現れる通過型パレード

「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」(以下、ドリームライツ)は、1995年(平成7年)まで続いた「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード」(以下、「初期エレクトリカルパレード」)をより華やかにグレードアップさせたものと言われています。

公演は1日1回、約45分。シンデレラ城を遠巻きにぐるりと囲むようなコースを進む通過型のパレードです。

ちなみに、雨の日は、ドリームライツが休演となることも。そんなときは、雨の日だけ見られるミニパレード「ナイトフォール・グロウ」が実施されます。このミニパレードでは、「雨の日こそ、おしゃれを楽しみたい!」というディズニーキャラクターたちの気持ちを表現し、カラフルに変化する光のマジックを多く取り入れた内容となっています。

場所取りは必要?

「ドリームライツ」は、場所取り必須のイベントです。パレード開始よりかなり早い時間から場所取りをする人も見られます。ルート途中には、片側にしか見学可能な場所がないところもあり、そうした場所は「キャラクターが自分のほうを向く可能性が高い」ことから、早々に埋まってしまいます。

映画の感動がよみがえる
フロートと楽曲

映画の感動がよみがえるフロートと楽曲

では、どんなパレードなのか、イメージしてみましょう。時刻はすっかり日が暮れた頃。夜空が広がる東京パーク内にファンファーレが鳴り響くと、まず青色に光輝くブルーフェアリーが姿を現します。

続いて、ミッキーマウスやミニーマウス、白雪姫、ドナルドダックなど多数のキャラクターが「フロート」と呼ばれる乗り物に乗って次々と登場。目の前を流れるようにパレードが進んでいきます。フロートは、様々なディズニー映画がフィーチャーされていて、映画の感動を思い出し、胸がいっぱいになることも。

大好きなキャラクターが手を振ってくれたり、ダンスを披露してくれたりと、まさに「夢の国」ならではの体験が可能。フロートの登場順は、公式サイトでも公開されているので、お目当てのキャラクターがいる場合は事前にチェックしておきましょう。

楽曲は電気的な音色が印象的だった「初期エレクトリカルパレード」の曲をベースに、「ドリームライツ」では、オーケストラ調のアレンジをプラス。各フロートは、それぞれのキャラクターにちなんだBGMに包まれながら進んでいきます。

パレードイメージ

例えば、ピーター・パンは「きみもとべるよ!」など5曲、マイク&サリーは「君がいないと」、アラジンは「アラビアン・ナイト」など2曲となっています。

パレードの進行に伴い、シンセサイザーを代表とする電気的なサウンドが、オーケストラ調の豪華で壮大なサウンドへとだんだん変化していく構成も見ものです。

エレクトリカル・ドリームライツの歴史

東京ディズニーランドでは、グランドオープンから間もない1985年(昭和60年)3月から初期「エレクトリカルパレード」がスタート。

ミッキーマウスをはじめ多数のキャラクターが登場し、光と音の演出に合わせてパフォーマンスを披露する幻想的な夜のパレードは、多くの観光客の心を惹きつけました。1995年(平成7年)6月に一旦終了しましたが、翌月からこれに替わる新たな夜のパレード「ディズニー・ファンティリュージョン!」がスタートしたのです。

そして、2001年(平成13年)9月には、東京ディズニーシーがオープン。これに先立って、同年5月に「ディズニー・ファンティリュージョン!」が終了し、このあとを受けて翌月から始まったのが「ドリームライツ」です。その後、「ドリームライツ」は、2007年(平成19年)3月、2011年(平成23年)7月、2015年(平成27年)7月と3度のリニューアルを経ました。

ドリームライツ
ドリームライツ

2015年(平成27年)7月のリニューアル後は、ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」の登場人物、ラプンツェルやフリン・ライダーを乗せたフロートも加わり、ラプンツェルのフロートではランタンが空を飛ぶことから、映画の中のシーンを彷彿とさせます。

さらに、ピーター・パンの海賊船を含む7台のフロートが改装されました。すべてにLEDが採用され、光がより鮮やかになったのもリニューアルの特徴です。

詳細データ

東京ディズニーランド
名称:
東京ディズニーランド
住所:
千葉県浦安市舞浜1-1
TEL:
0570-00-8632
URL:
http://www.tokyodisneyresort.jp/
観光名所(旅行)をお探しなら、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの「旅探」で検索!「日本のテーマパーク特集」として、全国から選りすぐりの「感動と興奮のショー&パレード」をご紹介します。東京ディズニーランドの「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」はリニューアルを経て、電気的な音色からオーケストラ調のアレンジや、新たに登場した作品のフローがプラスされるなど、ファンを楽しませ続ける変化に注目が集まります。今後も新たなディズニー映画が公開されれば、ショーに登場するかも?施設リサーチ/ホームメイト・リサーチでは日本のテーマパークをはじめ、様々な生活施設を検索することができます。おでかけやお部屋探しに、ぜひご活用下さい。 すべて見る▼
produced by 施設検索ホームメイト・リサーチ