ご希望の観光施設/レジャー施設情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

トップページへ戻る

旅探

一度は乗りたい絶叫マシン 第6回・よみうりランド

文字サイズ

東京都から神奈川県にかけて広がる多摩丘陵。その丘にある「よみうりランド」は、絶叫マシンなど約43種類のアトラクションが揃う遊園地をはじめ、温浴施設や野外ショーなども楽しめる総合レジャーランドです。

1964年(昭和39年)のオープン以降、人気キャラクターなどのステージショーが上演される「太陽の広場ステージ」、「日テレらんらんホール」などの施設が続々と誕生。2016年(平成28年)3月には、15種類のアトラクションと4業種のワークショップでモノづくりが体感できる新遊園地エリア「グッジョバ!!」がオープンしました。

バンジー

ここでは、そんな多彩なレジャーが楽しめる「よみうりランド」の中でも、遊園地に注目。特におすすめの絶叫マシン「バンデット」と「バンジージャンプ」、「クレージーヒュー・ストン」をピックアップして、それぞれ概要や魅力についてご紹介します。

丘の地形と自然を利用した
「バンデット」

バンデット

1988年(昭和63年)の登場以来、「よみうりランド」内でも不動の人気を誇るコースター「バンデット」。森の中を最高110km/hの高速スピードで疾走するコースターです。最高110km/hのスピードは、1988年(昭和63年)当時では世界最速。

2016年(平成28年)6月時点でも、神奈川県最速です。アップダウンの繰り返しがたっぷり用意されていて、後半には丘陵地の地形を利用して作ったダイナミックな降下も待っています。

コースは、全長約1,560mとたっぷり。森が舞台になっているので、季節によって様々な景色を楽しめます。さらに夏には通常のバンデットと交代で、全身びしょ濡れになる「スプラッシュバンデット」を走行。

冬には車両にLEDが取り付けられ、コースの途中で炎柱が上がる「スターライトバンデット」が走行するなど、夏や冬だからこそ楽しめる企画も好評です。

また、過去には期間限定で、車両が後ろ向きで走る「逆走バンデット」などのイベントが行なわれたこともありました。このように様々な企画でアレンジされる「バンデット」は、何度体験しても楽しめるコースターです。

ビル7階の高さから飛び降りる
「バンジージャンプ」

バンジージャンプ

「よみうりランド」の「バンジージャンプ」は、おなじみのバンジージャンプを東京都内で唯一、常設しているアトラクション。ゴム製のコードを体に装着し、高いジャンプ台から勇気を出して飛び降ります。

ジャンプ台は、ビル7階に相当する約22mの高さでスリル満点。

挑戦するとき、ジャンプ台の上から真下を見ると足がすくんでしまう人は、下を見ないで飛び降りましょう。

この「バンジージャンプ」は、「よみうりランド」の「ワンデーパス」が使えませんが、1回900円と利用料金がリーズナブルなので気軽に体験できます。また、別途2,000円をプラスすれば、飛ぶ瞬間やジャンプ中の表情が映像に残せる「バンジージャンプ記念映像サービス」が利用可能。

このサービスの受付は、当日14時まで。ヘルメットに付いている高画質の小型カメラを含む4ヵ所のカメラでジャンプ中の様子を録画してくれて、スピーディにDVDに仕上げてくれるので、思い出作りにぴったりです。

「バンジージャンプ」は、体重や年齢などの利用条件がやや厳しく、年齢は12歳以上で体験可能。その他、体重38~109kg、ウエストは102cm以下との制限もあります。体験を希望するときは、事前に条件をチェックしておきましょう。

2種類のスリルが楽しめる
「クレージーヒュー・ストン」

クレージーヒュー・ストン

「クレージーヒュー・ストン」は、1997年(平成9年)に誕生。タワーに背を向けるような座席に乗り、ほぼ垂直に上昇したり降下したりするアトラクションです。

2基のタワーがあり、ひとつが「クレージーヒュー」。これは、体重の4倍の力が体に掛かる「4G」の重力で約60mの高さまで一気に打ち上げられ、自然落下するものです。落ちたあとは、何度かバウンドをして余韻を楽しみながら終了します。

打ち上げられるときは気分爽快。落ちるときはスピードが比較的緩やかなので、急落下が苦手な人にもトライしやすいマシンです。

また、もう1基のタワーが「クレージーストン」。こちらはゆっくり上昇したあと、重力の2倍相当の圧力が掛かる「マイナス2G」で強制降下するもの。降下したあとは、何度かバウンドして止まります。

マシンの力で自然落下より速いスピードで降下するので、「クレージーヒュー」以上のスリルが味わえます。「クレージーヒュー」と同様に、高さ約60mのてっぺんに昇って一瞬止まったときには、見渡す限りの絶景が広がるのも魅力です。

「クレージーヒュー」のような打ち上げマシンと、「クレージーストン」のような急降下マシンの2つを併設している遊園地は国内では稀。ひとつの遊園地でどちらも楽しめると観光客にも好評です。

詳細データ

よみうりランド
名称:
よみうりランド
住所:
東京都稲城市矢野口4015-1
TEL:
044-966-1111
URL:
http://www.yomiuriland.com/
観光名所(旅行)をお探しなら、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの「旅探」で検索!「日本のテーマパーク特集」として、「一度は乗りたい絶叫マシン」のなかでも全国的に人気のある施設をご紹介します。自然を活かした絶叫マシンが特徴の東京都にある「よみうりランド」。中でも森が舞台の「バンデット」では、季節によって様々な景色を楽しめ、夏には全身びしょ濡れになる「スプラッシュバンデット」などお楽しみ要素が満載です!さらには絶景を見渡したあとに絶叫が待ち受ける「バンジージャンプ」や「クレイジーヒュー・ストン」もおすすめ!施設リサーチ/ホームメイト・リサーチでは日本のテーマパークをはじめ、様々な生活施設を検索することができます。おでかけやお部屋探しに、ぜひご活用下さい。 すべて見る▼
produced by 施設検索ホームメイト・リサーチ