ご希望の観光施設/レジャー施設情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

トップページへ戻る

旅探

一度は乗りたい絶叫マシン 第9回・那須ハイランドパーク

文字サイズ

東日本で最大級の遊園地と言えば、栃木県の「那須ハイランドパーク」。もともとは1969年(昭和44年)、那須高原に広がる別荘地「那須ハイランド」のスポーツ公園として誕生したのが始まり。

今では約40種類のアトラクションや、渓流で魚釣りができるなどアウトドアエリアも充実する遊園地へと発展しています。

「那須ハイランドパーク」の特徴として、ぜひ知っておきたいのが「10大コースター」と呼ばれる、多種多様なコースターが揃っていること。遊園地の絶叫マシンを使うテレビ番組にもロケ地としてよく登場します。

ここでは、その「10大コースター」のうち、人気の高い「ビッグバーンコースター」、「F2(エフ・ツー)」、「スピン・ターン・コースター」の3つの絶叫マシンに注目。それぞれの概要や魅力についてご紹介します。

まるで垂直落下のスリルを味わえる
「ビッグバーンコースター」

ビッグバーンコースター

「ビッグバーンコースター」は、1987年(昭和62年)にオープンした、「那須ハイランドパーク」を代表するコースター。

コース全長は約657m、最高速度は88.5km/hとスペックだけを一見すると決して突出した数字ではありませんが、遊園地マニアの間でもスリリングな絶叫マシンとして、その名が知られるアトラクションのひとつです。

「ビッグバーンコースター」が有名である最大のポイントと言えるのは、まるで垂直に落ちていくような感覚を味わえる傾斜角75°の急降下。コースのレイアウトも工夫されていて、車両が動き出すとすぐに巻き上げが始まり、てっぺんに着くとUターンをして急降下ルートに突入します。

巻き上げられていく間に隣を見ると、「この傾斜を下るの?!」と不安を掻き立てられるような急降下レールが見えるので、緊張がどんどんと高まっていくこと間違いありません。

この急降下を過ぎると、そのあとのコースは比較的シンプル。ラクダのこぶのような形の「キャメルバック」、垂直方向に宙返りをする「ループ」などが続くコースです。1回の所要時間は3分4秒とたっぷりあるので、最初の急降下を乗り切れば、あとは風をきって駆け抜ける爽快なコースター体験が満喫できます。

究極の絶叫マシンと名高い
「F2(エフ・ツー)」

F2(エフ・ツー)

「F2(エフ・ツー)」は、1995年(平成7年)に「那須ハイランドパーク」に誕生した絶叫マシン。車両に床がなく、足がブラブラとした状態で吊り下げられる「インバーテッド」タイプのコースターです。

踏ん張ることができない状態のまま、最高79.4km/hの猛スピードで飛行するのでスリル満点。さらに、速く多彩なコース展開により、ハードさでは全国屈指のアトラクションとして知られており、身長130~200cmで利用可能と、条件も厳しくなっています。

全長約687mのコースは、スリリングな仕掛けが次々と登場。まず、巻き上げからの急降下でスタート。次にグルリとらせん状に回転しながら縦方向に宙返りして、降りてすぐのアップダウンから、地面スレスレの高さを飛行します。

そのあとも急上昇やターン、宙返り、ダブルスピンなどが矢継ぎ早に続きます。所要時間の約2分5秒は息つく暇もない程、スリルの連続です。

そんな「F2(エフ・ツー)」ですが、コースの途中、高いところからは那須高原の豊かな自然が一望できるという癒やしのポイントも。余裕がある人は、景色にもぜひ目を向けてみましょう。

グルグル回る新感覚コースター
「スピン・ターン・コースター」

スピン・ターン・コースター

「那須ハイランドパーク」内では比較的新しく、2004年(平成16年)に登場したのが「スピン・ターン・コースター」。「那須ハイランドパーク」が「新感覚オリジナルコースター」と銘打つ程、不思議なコースター体験が味わえます。

コース自体は、外から眺めると従来のローラーコースターとそれほど差がないようにも見えますが、実は乗り物自体がスピンするのがミソ。「コーヒーカップ」をモチーフにしたおなじみのアトラクションのように、レールの向きとは無関係に自分の乗り物がクルクルと回るのです。

そうした不規則なスピンをしながらレールを進んでいくので、自分がどの向きに落ちているのか分からなくなります。頭のなかは楽しいパニック状態、終了後もしばらくは平衡感覚を取り戻すのが大変かもしれません。

全長500mのコースは、レイアウトも特徴的。「ビッグバーンコースター」など、すでに営業中のマシンが所狭しと並ぶ「コースタープラザ」のなかの隙間を縫うように設計されています。例えば、「ビッグバーンコースター」の宙返りのルートの内側を通り抜けるなど、「那須ハイランドパーク」でしか実現できないコースです。

一方で、無理な急傾斜がなく、速度も最高47.0km/hとゆっくり。身長135cm未満でも110cm以上なら保護者が同乗すれば利用可能で、子どもでも挑戦しやすくなっています。斬新なマシンを体験したいときや、親子で絶叫マシンを一緒に楽しみたいときなどにも、ぴったりのマシンです。

詳細データ

那須ハイランドパーク
名称:
那須ハイランドパーク
住所:
栃木県那須郡那須町高久乙3375
TEL:
0287-78-1150
URL:
https://www.nasuhai.co.jp/
観光名所(旅行)をお探しなら、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの「旅探」で検索!「日本のテーマパーク特集」として、「一度は乗りたい絶叫マシン」のなかでも全国的に人気のある施設をご紹介します。様々なコースターがある栃木県の「那須ハイランドパーク」では、まるで垂直に落ちていく「ビッグバーンコースター」や、宙吊りの状態でハードなコース展開をする「F2」など、マニア泣かせなマシンが勢ぞろい!さらに平衡感覚を失うほど不規則なスピンをする「スピン・ターン・コースター」は、条件を満たせば子供でも乗れるというので驚きです!施設リサーチ/ホームメイト・リサーチでは日本のテーマパークをはじめ、様々な生活施設を検索することができます。おでかけやお部屋探しに、ぜひご活用下さい。 すべて見る▼
produced by 施設検索ホームメイト・リサーチ