ご希望の観光施設/レジャー施設情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

トップページへ戻る

旅探

ユニークなテーマパーク No.1 チビッ子忍者村

文字サイズ

伊賀流、甲賀流と並ぶ忍術流派として知られるのが戸隠(とがくし)流。攻撃よりも、守りを重んじる守備の武術で、今でも世界中に門下生を持ちます。

その戸隠流忍者の里が、長野県の北部にある「戸隠」。この地に「チビッ子忍者村」という、ちょっとユニークなテーマパークがあるのをご存じでしょうか。忍者体験ができることで、長野県で子育て世代を中心に人気があります。

ちびっこ忍者

長野旅行へ出かける際のおすすめの観光スポットとしても、名前が挙がる評判のテーマパーク。「チビッ子」という名が付いていますが、子どもから大人までしっかり楽しめるのも魅力のひとつです。

では、チビッ子忍者村とはどんな施設なのでしょうか。ここでは、その概要とユニークな体験内容についてご紹介しましょう。

チビッ子忍者村の施設概要

チビッ子忍者村の施設概要

チビッ子忍者村のテーマはズバリ、忍者。2016年(平成28年)に34周年を迎えた歴史あるテーマパークです。入村料は幼児(4~6歳)230円、小学生以上500円とリーズナブルで、300円程度の施設利用券をプラスして有料施設を楽しむこともできます。

入村料のみで利用できるのは、忍者修業ができるフィールドアスレチック、お宝グッズが展示された「忍宝館」など。その他、施設利用料をプラスして体験できる施設として「忍者屋敷」や「忍びからくりふしぎ屋敷」など6つの屋内型施設が集まっています。長野県の自然を活かした敷地になっているため、冬季は積雪のために休業。4月下旬~11月下旬のみの営業となっています。

また、子ども用400円、大人用800円という手軽な料金で、忍者服をレンタルできるのもポイント。特に大人用の衣装は本格的で、気分が盛り上がります。衣装をレンタルすると、忍者姿で忍者修業が楽しめます。

手裏剣

2011年(平成23年)には、0~4歳の子ども向けの「わくわくおもちゃの部屋」もオープン。年上の兄姉がアスレチックなど忍者修業をしている間、小さな弟や妹たちが絵本や遊具でゆっくり遊べるよう配慮されています。

忍者フィールドアスレチックで忍術修業

屋外に広がる「忍者フィールドアスレチック」は、「修業の森」と「忍び砦」、「隠れ砦」という3コース。いずれも忍術修業を意識した造りです。

アスレチック

アスレチックは、全部で20ヵ所以上。グラグラと揺れるつり橋を渡ったり、木登りをしたり、ドキドキするぐらい高いところへ登ったりと難関のアスレチックも含まれていて、子どもはもちろん、大人も夢中になること必至です。

アスレチック

とりわけ人気なのが、木製の舟のようなものに立って池の上をスイスイと渡る「水ぐもの術」。うっかりすると、池に落ちてしまう人もいるので覚悟して挑みましょう。

手裏剣や吹き矢、からくり迷路も

チビッ子忍者村の施設概要

有料施設のうち、 必ず体験したいのが「忍びからくりふしぎ屋敷」。一見、壁のようで実は扉になっている「隠し扉」や抜け穴を探しながらゴールへ向けて進むからくり迷路が楽しめます。迷路を抜けると、壁や床が傾いていて平衡感覚が失われる不思議な部屋が登場。ここを見事に通過できればゴールです。

「忍術屋敷」では忍者の秘密を探すべく、忍者の屋敷へ忍び込みます。待ち受けている忍者を次々とかわしながら、「鏡の間」と「密教の間」、「修業の間」を抜けてゴールを目指します。

「忍者スラローム」では車輪付きのソリに乗り、大きな滑り台のような坂を勢いよく滑り降りることができます。ソリは速いスピードで進むので、スリル満点。素早い身のこなしや度胸が磨かれ、忍者に一歩近づけたのでは?!と感じられる施設です。

忍者

道場には、時代劇などでもおなじみの忍者の必需品、「手裏剣(しゅりけん)」を体験できる施設「手裏剣(しゅりけん)投げ」があります。使うのは鋼の十字手裏剣。7枚を投げて、そのうち3枚が刺さると景品がもらえます。より安全に楽しみたい人には、ゴム手裏剣を使う「手裏剣投てき」がおすすめ。

また、忍者の飛び道具として手裏剣と並んでポピュラーな「吹き矢」を体験できる施設もあります。この2施設もゲーム形式になっていて、「手裏剣投げ」同様に1回の利用料で7回チャレンジでき、そのうち3回以上当たると景品がもらえます。

大人も見応えたっぷりな忍宝館

大人も見応えたっぷりな忍宝館

チビッ子忍者村にある博物館「忍宝館」では、忍者にまつわるアイテム約3,000点が鑑賞できます。

まず目を引くのは、戦国時代に活躍した忍者たちが実際に使っていた手裏剣や武器。古文書や巻き物など、歴史的にも貴重な資料も展示されています。

さらに、サブカルチャーアイテムも豊富。忍者映画のポスターやマンガなどは、昭和から平成まで幅広くそろい、親子三世代で楽しみながら見ることができます。この他、懐かしい文具やメンコ、かるた、珍しい忍者フィギュアも多数並び、マニアの人にはたまらない空間となっています。

詳細データ

チビッ子忍者村
名称:
チビッ子忍者村
住所:
長野県長野市戸隠3193
TEL:
026-254-3723
URL:
http://www.ninjamura.com/
観光名所(旅行)をお探しなら、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの「旅探」で検索!「日本のテーマパーク特集」として、ユニークなテーマ設定で人気を集めるテーマパークをピックアップしてご紹介します。「チビッ子忍者村」では忍者修行が体験できるフィールドアスレチックをはじめ、からくり屋敷や、手裏剣・吹き矢を実際に使えるなど、体験できる内容が盛りだくさん。さらには大人も子供も忍者衣装をレンタルでき、大人用はかなり本格的な衣装を着用することが可能。チビッ子とは名ばかりに、意外と大人も楽しめる要素の多いテーマパークです。施設リサーチ/ホームメイト・リサーチでは日本のテーマパークをはじめ、様々な生活施設を検索することができます。おでかけやお部屋探しに、ぜひご活用下さい。  すべて見る▼
produced by 施設検索ホームメイト・リサーチ