ご希望の観光施設/レジャー施設情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

トップページへ戻る

旅探

ユニークなテーマパーク No.2 関ケ原ウォーランド

文字サイズ

日本史では必ずキーワードとなる「関ヶ原の戦い」は、1600年(慶長5年)に徳川家康を総大将とする東軍と、石田三成を中心とする西軍との間で行なわれた合戦です。東軍が勝利したことで徳川家は覇権を握り、江戸幕府を開く大きな契機になったと言われています。

関ケ原ウォーランド

その「関ヶ原の戦い」を合戦のあった地域で再現したテーマパーク型資料館が、岐阜県の「関ケ原ウォーランド」です。このような趣向のテーマパークは日本で唯一であり、戦国時代に興味が強いマニアはもちろん、多くの観光客も各地から訪れています。

では、具体的にどんなことができる施設なのでしょうか。ここでは、その概要と体験内容についてご紹介しましょう。

「関ヶ原合戦」の世界を1時間で巡れる
パーク

「関ヶ原合戦」の世界を1時間で巡れるパーク

「関ケ原ウォーランド」は、約1万坪の広大な敷地を舞台に、「関ヶ原の戦い」を再現した展示が見られるテーマパーク型資料館で、メインとなるのは屋外展示。ここには200体以上の等身大コンクリート像を使い、「関ヶ原の戦い」を100分の1サイズで再現したジオラマがあり、そのなかを歩いて巡ることができます。

東軍・西軍の位置関係は、史実に基づいたもの。旗や陣幕も当時と同じ方法で作成するこだわりぶりで、リアリティのある風景から「関ヶ原の戦い」を体感することができます。実際の合戦場跡地で各武将の陣地を巡ると1日程かかるところを、「関ケ原ウォーランド」では約1時間で巡れるというのが人気の理由です。

このテーマパーク型資料館ができたのは1964年(昭和39年)。谷口玉泉氏が「弔いのための寺」と「自国の雄たちの動向を残し示す資料館」を関ケ原に作りたいとの想いから、私設資料館として建設したものです。そのため、「関ケ原ウォーランド」の隣には、「宝蔵寺」と言う弔いのための寺も建てられています。

また、合戦をテーマにしたテーマパークですが、パーク内のあちこちで、平和を願う「ノーモア関ヶ原合戦」という独自のメッセージを発信。「関ヶ原の戦い」のあらましを伝えるのみならず、平和を願う心を広めることも目的としているのです。

入館料は大人500円、小人300円、小学生未満無料とリーズナブルな料金。家族で気軽に訪れることができます。

コンクリート像には武田信玄も?!

200体以上の等身大コンクリート像は、岐阜県出身の造形師、浅野祥雲(あさのしょううん)氏により造られたもので、リアリティがありながらどこかユーモラスな雰囲気があります。この像を使って、後世に語り継ぎたい名シーンがいくつか再現されています。

コンクリート像

例えば、東軍・「徳川家康」の陣では、「湯浅五助(ゆあさごすけ)」の首実検をするシーンが表現されていて、一見、ぎょっとしてしまうかもしれません。しかし、これは知る人ぞ知る感動的なエピソードを伝えるもの。

コンクリート像

西軍の武将である湯浅五助が、切腹した主の首を隠し通すために自分の首を代わりに差し出し、東軍である藤堂高刑が五助の想いを聞き入れ、主君の徳川家康の前でも五助との約束を守った。その部下の行動を徳川家康が評価したという、当時の日本人の生き様を感じさせるような再現展示となっています。

また、コンクリート像のなかには、「関ヶ原の戦い」当時はすでに亡くなっていた武田信玄の姿も見られます。これは、なんと「武田信玄の亡霊」。徳川家康が「関ヶ原の戦い」において、武田信玄に大敗した「三方ヶ原の戦い」を意識していたとする説をもとにしたものです。

さらに、「石田三成」や「小早川秀秋」など有名な武将はもちろん、足軽や鉄砲隊など、無名の人物のコンクリート像も多数。あまり歴史に詳しくない観光客から、マニアの人まで楽しめるよう工夫されています。

館長の話を無料で聴ける講和室や資料館も

屋外展示の感動をより大きくするためには、屋内施設をじっくり巡るのがおすすめです。屋内施設のひとつ、「武具甲冑(かっちゅう)資料館」では、戦国時代に実際に使われていたと言われる希少な甲冑や、足軽たちが使った兜(かぶと)やお守りなどを展示。

東軍の浅野家の武将たちが身に着けていたと伝わる甲冑や、徳川家康に仕える武将、井伊直政の軍が使っていたと伝わる甲冑なども見られます。

また、「講和室」ではパネル展示により、「関ヶ原の戦い」がどのような戦いであったのか、戦のあとにはどのような処理がなされたのか、といった情報が詳しく紹介されています。この講和室では、事前に電話予約をすれば、館長の講話を無料で聞くこともできます。

講和は屋外展示の鑑賞ポイントや土地に伝わる話などで、屋外展示の前に聞いておくにも最適な内容となっています。予約は日にちに余裕を持って行なうのがおすすめですが、当日でも対応してくれる場合があるので、訪れるときには一度電話をしてみましょう。

詳細データ

関ケ原ウォーランド
名称:
関ケ原ウォーランド
住所:
岐阜県不破郡関ケ原町1701-6
TEL:
0584-43-0302
URL:
http://www.rest-sekigahara.co.jp/war_land/
観光名所(旅行)をお探しなら、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの「旅探」で検索!「日本のテーマパーク特集」として、ユニークなテーマ設定で人気を集めるテーマパークをピックアップしてご紹介します。「関ヶ原の戦い」を再現した展示が見られる、テーマパーク型資料館「関ケ原ウォーランド」。若干ユーモラスな雰囲気を持つ等身大コンクリート像ですが、東軍・西軍の位置関係など、史実に基づいた展開は確かなものです。また、合戦のテーマパークでありながら、「ノーモア関ヶ原合戦」という独自のメッセージを発信。平和を願う心を広めることも目的としているところが、魅力のひとつと言えるでしょう。施設リサーチ/ホームメイト・リサーチでは日本のテーマパークをはじめ、様々な生活施設を検索することができます。おでかけやお部屋探しに、ぜひご活用下さい。 すべて見る▼
produced by 施設検索ホームメイト・リサーチ