ご希望の観光施設/レジャー施設情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

トップページへ戻る

旅探

ユニークなテーマパーク No.5 ルーブル彫刻美術館

文字サイズ

世界最大級の美術館で、パリの観光名所としてもよく知られているフランスの「ルーブル美術館」。その「ルーブル美術館」の作品の中でも門外不出と言われる彫刻作品を日本で見られるようにしたのが、三重県津市にある「ルーブル彫刻美術館」です。

ルーブル彫刻美術館

三重県の「ルーブル彫刻美術館」は、「ルーブル美術館」の姉妹館として認められている世界でたったひとつの施設。個性的なテーマパークとしても話題を呼び、観光スポットとしても人気です。ルーブル彫刻をテーマにした館内には、「ミロのビーナス」など誰もが知る有名な彫刻作品の復刻がずらりと並びます。

ここでは、その「ルーブル彫刻美術館」についての概要と共に、ユニークな展示内容についてご紹介します。

世界で唯一の「ルーブル美術館」の姉妹館

ミロのビーナス

三重県津市にある「ルーブル彫刻美術館」は、パリ「ルーブル美術館」の有名彫刻の復刻作品が展示されている、世界的にも希少なテーマパーク。

創立者である竹川勇次郎氏が、昭和40年代にパリで「ミロのビーナス」を見て感動し、「何とか日本の地でこのすばらしい作品を公開したい」と志したのが始まり。熱心な竹川氏の姿勢に動かされた「ルーブル美術館」の協力のもとで作品が造られ、1987年(昭和62年)にオープンしました。本家の「ルーブル美術館」とは、世界で唯一の姉妹関係にある、れっきとした施設です。

展示されている作品は、「ルーブル美術館」の実物から直接型を取り、同美術館の技術師が総力を結集して、姉妹館のために完成させたもの。大きさはもちろん、傷ひとつとっても実物と同じなのが特徴です。また、館内のショップでは、パリの同美術館から直輸入された美術品を買うこともできます。

入館料は大人1,500円、小人800円、小学生未満無料。格安な前売入場券(大人のみ)1,000円も公式サイトで販売されていて、1週間前までに申込めば購入が可能。観光する前には、一度公式サイトでチェックしておきましょう。

ミケランジェロ作品や「考える人」の
復刻作品も

展示されている彫刻作品は、古代から近代まで約1,300点で見応えたっぷり。主な作品は次の通りです。

◎作者不明…「ミロのビーナス」(メロス島出土・紀元前2世紀)、「サモトラケのニケ」(サモトラケ島出土・紀元前2世紀)、「ハンムラビ法典碑」(パピロニア・スーサ出土・紀元前1760年ごろ)、「王冠をつけたスフィンクス」(スーサ出土・紀元前5世紀)、「ペルシャ王親衛隊の射手」(スーサ出土・紀元前5世紀)他

◎ミケランジェロ作…「モーゼ」(15~16世紀)、「抵抗する奴隷」(15~16世紀)他

◎プラクシテレス作…「カビィのアルテミス」(紀元前350年)他

◎アントワン・ルイ・バリー作…「ジャンヌ・ダーク」(1855年)

考える人

なかには、カイロ博物館にある「ツタンカーメン王の黄金のマスク」(エジプト王墓から出土)、大英博物館にある「ロゼッタ・ストーン」(ロゼッタ・デルタ出土)、「ローマ国立博物館」原型所蔵の「円盤投げ像」(ミュロン作・紀元前450年ごろ)など、別の美術館にある名作の復刻作品もいくつか展示。

「考える人」(オーギュストロダン作・1880年)や「自由の女神像の原型」(オーガステ・バルトルディ作・19世紀)など、パリ・ルーブル美術館の作品ではないものの、日本でよく知られている有名な彫刻の復刻作品も鑑賞することができます。

彫刻作品の中には写真撮影OKのものも

自由な女神

パリ「ルーブル美術館」の姉妹館であり、貴重な彫刻作品がずらりと並ぶ美術館と聞くとちょっと敷居が高いようですが、三重県の「ルーブル彫刻美術館」は独自のカジュアルな雰囲気が魅力のひとつ。観光スポットとして気軽に訪れられて、満足度が高いとして評判です。

例えば、現地に着くと、スタイリッシュな建物の横に、「ミロのビーナス」や「サモトラケのニケ」、「自由の女神」などの大きな彫刻作品が並ぶ様子が目に飛び込んできます。これだけの有名作品が屋外でオープンに展示されている大らかさが、見学者に好評です。

また、館内では「写真撮影禁止」という案内表示がされていますが、館内にいる係員の許可を得られれば作品を撮影することができます。本家の「ルーブル美術館」では、写真撮影が許されているのと同様に、あくまでも個人使用目的であって、常設展示品であればフラッシュなしで写真撮影ができることがあるので、気になる作品があれば係員に確認してみましょう。

復刻作品の展示であるがゆえに、より自由に鑑賞を楽しめる雰囲気が流れている三重県の「ルーブル彫刻美術館」。気軽な気持ちで鑑賞に出掛けてみてはいかがでしょうか。

詳細データ

ルーブル彫刻美術館
名称:
ルーブル彫刻美術館
住所:
三重県津市白山町佐田東谷1957
TEL:
059-262-1111
URL:
http://www.louvre-m.com/
観光名所(旅行)をお探しなら、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの「旅探」で検索!「日本のテーマパーク特集」として、ユニークなテーマ設定で人気を集めるテーマパークをピックアップしてご紹介します。古代から近代まで約1,300点もの彫刻を展示している「ルーブル彫刻美術館」。本家「ルーブル美術館」の実物から直接型を取り、同美術館の技術師が総力を結集して作り上げた彫刻は、複製でありながら本物と比べても遜色ない完成度を誇っています。さらに館内にいる係員の許可を得られれば作品を撮影することができるなど、サービスも本家と変わらないという徹底ぶりには驚きです。施設リサーチ/ホームメイト・リサーチでは日本のテーマパークをはじめ、様々な生活施設を検索することができます。おでかけやお部屋探しに、ぜひご活用下さい。 すべて見る▼
produced by 施設検索ホームメイト・リサーチ