ご希望の観光施設/レジャー施設情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

トップページへ戻る

旅探

ユニークなテーマパーク No.8 博物館明治村

文字サイズ

アメリカの著名な建築家、故・フランク・ロイド・ライトが設計した「帝国ホテル中央玄関」など明治時代を中心とした建築物をたくさん見られるのが、愛知県犬山市にある「博物館明治村」。本物の建造物を移築・保存・展示する、テーマパーク型の野外博物館です。

博物館明治村

約100万㎡の広い村内に入ると、レトロな建造物が建ち並び、まるで明治時代にタイムトリップしたかのよう。明治時代風のグルメを味わえる他、当時「ハイカラ」と言われた衣装に着替えて写真を撮る体験メニューも楽しめることから、愛知県内の観光名所としても定番のスポットになっています。

では、具体的にはどんなテーマパークなのでしょうか。ここでは博物館明治村の概要と共に、ユニークな展示内容についてご紹介します。

明治時代の建造物等を移築して公開

明治時代の建造物等を移築して公開

「博物館明治村」のテーマは、明治の建造物の移築・保存と展示。明治時代の建造物が並ぶ風景のなか、グルメやファッション、本物の蒸気機関車(SL)の乗車体験も含めて、明治時代を追体験できると評判です。テーマパーク型の野外博物館として、遠方からも観光客が訪れる人気スポットとなっています。

この「博物館明治村」を作ったのは、初代館長の故・谷口吉郎博士と元名古屋鉄道株式会社会長の故・土川元夫氏。「芸術上、歴史上価値」の高い明治時代の建築物を保存し、その価値を伝えたいという想いのもと、1965年(昭和40年)に「博物館明治村」を創設しました。

広い敷地内には、重要文化財10件、愛知県指定文化財1件を含む67件の建造物を展示。野外に展示建造物が並んで「村」が形成されているので、その村のなかをのんびり散策しながら見学を楽しめます。

建造物は、東京都や京都府など全国の様々な場所から移築されてきた「本物」ばかり。建築物のうちの多くは、中に入ることができるので、当時の建築技術や生活様式までも感じ取ることができます。

入村料は大人1,700円、大学生・シニア1,300円、高校生1,000円、小・中学生600円、小学生未満無料。「国宝犬山城」など、周辺の観光スポットの入場料と合わせたお得なセット券も販売されています。

美しさが光るホテルの建物から、
身近な郵便局まで

美しさが光るホテルの建物から、身近な郵便局まで

「博物館明治村」のメインは、やはり野外に並ぶ移築建造物の数々。ホテルや教会など特別感のある建物から、郵便局や学校、芝居小屋といった生活に密接した建物、その他の展示としては、時計や楽器、家具などバラエティに富んでいます。こうした多彩な展示物から、明治時代の暮らしぶりや町の情景をイメージして感じられるのが魅力です。

また、建築物として見どころの大きいものも多数。例えば、「博物館明治村」のシンボルとしても知られている「帝国ホテル中央玄関」は、アメリカの建築家、故・フランク・ロイド・ライトが設計した名建築。

ロマネスク様式にゴシック調のデザインを交えた外観の「聖ヨハネ教会」、西郷隆盛の弟である西郷從道が建てた木造総二階建銅板葺の洋館「西郷從道邸」など、重要文化財も10件見ることができます。どれも移築・保存している建物であり、“本物”をそのまま見られるというのが、大きなポイントです。

「博物館明治村」のホームページでは、明治時代は飛鳥・奈良と並んで、「我が国の文化史上極めて重要な位置を占めている」と解説されています。江戸時代から受け継がれた木造建築の伝統や技術の積み重ねをベースに、ヨーロッパやアメリカの様式・技術・材料を取り入れているのが明治建築の特徴。見る程に奥深い明治建築を、「博物館明治村」でじっくり鑑賞してみましょう。

ハイカラ衣装や明治グルメ、
SLも満喫したい

建築物を鑑賞…と聞くと、ちょっとした知識が必要なのでは?と思う人もいるかもしれません。しかし、「博物館明治村」は肩肘張らずに行けるのが人気の理由のひとつ。誰でも気軽に「観光スポット」として訪れることができる工夫がいっぱいです。

村の中には、現役で走る日本最古の「SL12号」などの蒸気機関車や、路面電車としては日本最古の歴史を持つ「京都市電」などが運行していて、料金を支払えば実際に乗車体験をすることができます。

また、飲食店も10軒以上と充実。明治時代のベストセラー小説「食道楽(しょくどうらく)」で紹介されている材料や調理法をもとに、再現・アレンジした「食道楽のカレーぱん」など、食べる前からワクワクするような明治時代にちなんだメニューを味わえます。

ハイカラ

「明治体験処 ハイカラ衣装館」では、女性は明治時代風のカクテルドレスや、女学生の通学服として当時流行した矢絣(やがすり)・袴(はかま)姿など、男性はフロックコートや書生服に着替えて、記念写真を撮ることができます。衣装の貸し出しは1人1着800円(約5分間から)と貸出料もリーズナブル。

奥深い建築展示のみならず、このように様々なお楽しみが待っている「博物館明治村」。子どもも大人も、しっかり楽しめるテーマパークです。

詳細データ

博物館明治村
名称:
博物館明治村
住所:
愛知県犬山市内山1
TEL:
0568-67-0314
URL:
http://www.meijimura.com/
観光名所(旅行)をお探しなら、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの「旅探」で検索!「日本のテーマパーク特集」として、ユニークなテーマ設定で人気を集めるテーマパークをピックアップしてご紹介します。明治時代の建造物を移築・保存・展示する「博物館明治村」。広い敷地には、重要文化財10件、愛知県指定文化財1件を含む67件の建造物を展示しており、野外に展示建造物が並んで「村」が形成されているのが大きな特徴です。のんびり散策しながら見学を楽しめて、明治時代の暮らしぶりや町の情景をイメージして感じられるのも、移築・保存された本物の建造物だからこそ。施設リサーチ/ホームメイト・リサーチでは日本のテーマパークをはじめ、様々な生活施設を検索することができます。おでかけやお部屋探しに、ぜひご活用下さい。 すべて見る▼
produced by 施設検索ホームメイト・リサーチ