ご希望のテーマパーク情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

旅探

いなべ市のテーマパーク

テーマパーク
トップページへ戻る
トップページへ戻る

いなべ市 のテーマパーク (1~3施設)

いなべ市にあるテーマパークを、ランキング形式で一覧にしました。テーマパークはテーマ性を持つ施設を意味し、外国の街並みや映画・物語の世界観が楽しめるテーマパークがあるほか、学習や教育を題材にしたテーマパークも存在しています。日本では東京ディズニーランドの開園を皮切りに、ハウステンボスや志摩スペイン村など、地域活性化を目指して様々なテーマパークがオープンしました。各テーマパークの詳細ページには、営業時間や入場料、定休日といった基本情報から、口コミや投稿写真・動画まで掲載。アトラクションや園内の様子などが一目瞭然です。いなべ市のテーマパークは「旅探」で検索しましょう!

いなべ市のテーマパーク
3施設
アクセスランキング順
  • いなべ市農業公園

    いなべ市農業公園

    〒511-0501 三重県いなべ市藤原町鼎3071

    周辺の生活施設
    投稿ユーザーからの口コミ
    いなべ市農業公園に東海地方でも有数の広い梅林公園があると聞いて、見に行きました。三重県の梅林といえば鈴鹿の森庭園が有名ですが、こちらの梅林もまた数や広さで有名とのことでした。訪れたのは3月上旬、まだ肌寒い日でしたが、梅はすでに満開に近い状態となっていました。 まずは高台の写真スポットに登り、上から梅林を見下ろしてみたのですが、白から濃い赤にかけての様々な色の梅が絨毯のように広がっています。梅林の背後にある雄大な鈴鹿山脈の景色とも相まって、梅林の美しさが目を引きます。梅林は100種類、4,000本以上の規模となっているらしく、まさしく咲き乱れているという表現がふさわしい場所です。 さっそく梅林に降りて散策です。上から見た時には1本1本はそれほど大きくないかなと感じた梅の木々ですが、実際に近づいてみると立派に枝を伸ばしているものから、優雅に枝垂れているものまで、多種多様な梅の木がありました。歩いてみてわかるその広さ、梅林が迷路のように入り組んでいたり、小川が流れていたりと、大人も飽きさせない仕掛けがあります。写真もいろいろな角度や取り方にチャレンジができますので、大きなカメラを持った方も大勢いました。 梅林の近くには四字熟語での名前の付いた特別立派な梅の木が並んでいる場所があり、謂れもなかなかに凝ったものでした。例えば「雲外蒼天」という梅の木がありましたが、「困難をを乗りこえれば、その先に青空が望める」という意味らしいです。なるほど名前負けしていない困難に負けない梅のように見えます。 夏近くになると、梅の実のもぎ取り体験のイベントもあるらしく、これだけの梅林であれば梅の実もさぞかしたくさん取れるんでしょうね。いなべ市農業公園には広い駐車場があり、今回は車で行きましたが、問題なく止めることができました。 これだけ立派な梅林に出会えたのは生れて初めてです。季節ごとのお出かけ先の1つとして、毎年訪れたい場所の候補になりました。
  • 貨物鉄道博物館

    貨物鉄道博物館

    〒511-0262 三重県いなべ市大安町丹生川中

    周辺の生活施設
    投稿ユーザーからの口コミ
    三重県いなべ市にある貨物鉄道博物館に行ってきました。原則、毎月第1日曜日しか開館していない貨物列車の博物館です。貨物列車の実物が展示されています。ジオラマもあり鉄道模型が好きなの楽しかったです。
  • 藤原岳自然科学館

    藤原岳自然科学館

    〒511-0518 三重県いなべ市藤原町坂本870-1

    周辺の生活施設
    投稿ユーザーからの口コミ
    藤原岳自然科学館は、三重県いなべ市藤原町市場の藤原文化センターの中にあります。藤原文化センターは、市民ホールや会議室、図書室、研修室などの施設となっており、その一角や中央ホールに面して自然科学館が入っています。施設へのアクセスについては、電車ですと、三岐鉄道三岐線の西藤原駅から徒歩約20分位です。ほとんどの方は車でおとずれると思いますが、国道306号の文化センター入口の交差点を東に入ってすぐです。高速道路利用の場合の最寄りは、東海環状自動車道の大安インターでそこから約15分位です。その他の高速道路からですと、東名阪自動車道の桑名インターからは約40分、名神高速道路の関ヶ原インターからは約30分、新名神高速道路の菰野インターからは約30分となっています。三重、岐阜、愛知の東西南北の各方面の高速道路からのアクセスがしやすいです。また、駐車場スペースは広大です。休館日は月曜日と火曜日と年末年始です。開館時間は、午前9時から午後5時までです。入場料は無料です。館内は土足禁止で、スリッパにはき替えることになっています。下駄箱スペースはありますが、鍵は無いタイプです。館内についてですが、文化センターの玄関を入り、すぐ吹き抜けのホールがあります。そのホールには、正面に少し床レベルが下がった展示スペース、左手と右手に階段があり2階で回遊できる廊下につながっています。藤原岳自然科学館は、このホールの床下がりのスペースや、2階廊下の下のスペース、階段手摺面の壁面を利用して展示されています。展示物は、いなべ市でとれた化石や岩石の標本や模型や、四季折々の自然の様子がわかる写真や、藤原岳の固有種や絶滅が危惧される貴重な動物や植物の写真や生態がわかるパネル、標本に至るまであります。また、動物のはく製や骨格模型もあります。三重県北勢地方にいる蝶々の標本は特にきれいで目に留まりました。さらには、員弁川水系の魚として、アマゴが実際に泳いでいる水槽まであります。また、こちらでは自然教室を開催されています。夏休みの自然研究のしかたを聞く会、標本の名前を聞く会などは毎年開催されているものもあります。地元を大事にされている施設であることがすごく伝わる場所です。
国内旅行・観光の魅力再発見!【いい旅、ふた旅。】
「いい旅、ふた旅。」は、全国の観光施設や名所に関する情報をお届けするブログです。
東通トラベル
ホテル多度温泉
東建多度カントリークラブ・名古屋
栄タワーヒルズ
千種タワーヒルズ
リバパレス鶴舞
ホームメイト・リサーチアプリ

アプリでは、豊富な写真と口コミから気になる施設を楽しく探せます。

口コミ/写真/動画を投稿して
商品ポイントゲット!

ホームメイト・リサーチの「投稿ユーザー」に登録して、「口コミ/写真/動画」を投稿して頂くと、商品ポイントを獲得できます。
商品ポイントは、通販サイト「ハートマークショップ」でのお買い物に使用できます。詳しくはこちら

新規投稿ユーザー登録

ユーザー様の投稿口コミ・写真・動画の投稿ができます。
※すべて商品ポイントが付与されます。

施設関係者様の投稿口コミの投稿はできません。写真・動画の投稿はできます。
※商品ポイントは付与されません。